Home>オススメ情報>備蓄が生存率を上げる!?あなたが知らない防災のこと

防災は必須!あなたが備蓄しておくべき9のアイテム

もしもの場合に最低限そろえておきたい9つのアイテムをご紹介したいと思います!災害時にこれだけは最低限そろえておけば何かと役立ちますから是非参考にしてみてください。

災害時に便利!最低限備えておきたい防災アイテム!

  • ミネラルウォーター
  • インスタント食品
  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • 携帯電話
  • 救急セット
  • 連絡先リスト
  • 身分証明書・パスポートのコピー
  • 避難所の地図
  • ホイッスル・防犯ブザー

備蓄が生存率を上げる!?あなたが知らない防災のこと

防災グッズ

帰宅難民って何?

東日本大震災の時に、帰宅難民という言葉を聞いたことがある方もいると思います。帰宅難民とは、災害などによって交通機関がマヒし、自宅へ帰れない人たちのことを言います。電車やバスが止まるので、歩いて帰らなければいけなくなります。これは地震の時だけ起こることではなく大雪などの場合も考えらえれます。もし、あなたがそういう状況になった場合は、まず焦って行動せず、安全確保を第一に考えましょう。自宅まで離れている場合は無理せず、体力温存に努めましょう。帰るか1泊するか早めに判断して動くと良いかと思います。徒歩圏内であれば近くのお店で地図やライト、飲料水などを買っておくといいですよ。

鞄に入れておきたいアイテム

日ごろから自宅に備蓄していても、もし外出中に自分が災害に巻き込まれた場合、どうすればいいかわかりませんよね。鞄に入れておくと便利な防災アイテムがあります。それは、飲料水や飴やチョコレートなどのちょっとした栄養補給ができそうなもの、救急セットやミニライト、連絡先リストは持っておきましょう。また、携帯電話の予備のバッテリーやティッシュ、地図などもあると助かります。女性は生理用品やエチケット用品を持っておくと万が一の時も困りませんよね。1つのポーチにまとめておくとわかりやすいですよ。鞄に入る携帯用のサイズのものも販売されていますから、コンパクトにまとめて常に鞄に入れておくといいですよ。

広告募集中