あなたは大丈夫?もしものために備えよう!

地震や台風時などの災害時に、備蓄していて良かったものをご紹介したいと思います。あなたもこれを参考に防災意識を高めていきましょう!

備蓄しておいて良かったものランキングTOP3!

no.1

ミネラルウォーター

やはりミネラルウォーターは備蓄していて良かったと思う方は多く、生き延びるための水は必須です。なくて困ることはあっても、あって困ることはないので日ごろから常備しておきましょう。

no.2

非常食

チョコレートやインスタントなどの非常食は空腹をしのげるので用意しておいて間違いありません。なるべく火を使わなくていいもの、腹持ちのいいものを選んでおきましょう。

no.3

ボディーシート

災害時は水道や電気が使えないことがあるので、ボディーシートを備えていて良かったという声もありました。避難所などでの集団生活を強いられる場合は特に気を使いますから、備えて置いて損はないかと思います。

知ることから始めよう!あなたができる防災のための備蓄とは?

女性

食料は何日分必要?

備蓄食料は最低でも1人あたり3日分は用意しましょう。ですから3食×3日分となります。その際に料理する時や飲料水として水も必要になってきますから、水3リットル×3日分で計算して備蓄しておきましょう。なので家族が多ければ備蓄する食料も多くなります。例えば4人家族なら9食×4人分なので36食分を用意しなければいけません。水も食料と同じように36リットル必要になります。また赤ちゃんのいる家庭はミルクや離乳食も備蓄しておきましょう。備蓄する際に気をつけたいのは賞味期限です。それを防ぐための1番良い方法は、ローリングストックといって、備蓄していた古い食料を食べて新しく買い足して備蓄していくという方法です。数ヶ月に1度備蓄の賞味期限を確認しながら、日ごろの防災意識を高めていきましょう。

防災グッズの置き場所は?

備蓄食料の置き場所や防災グッズの置き場所にもベストな場所があります。持ち出し用の防災グッズの置き場所に、1番適しているのは玄関です。逃げるときはだいたい玄関から避難しますから、すぐに持ち出せます。また家族がいる場合はそれぞれ防災グッズの入ったバッグなどを寝室に用意しておくとかさばりませんし、家族でも防災意識を高められますよね。他にも備蓄食料はキッチンにまとめて保管しておくといいですよ。その際にケースに入れて一目で何があるかないかを管理しておくと、足りないものを把握できるのでおすすめです。

防災グッズの使用期間は?

防災グッズにも使用期限があります。いざ災害時に防災グッズを使おうとなった時に非常食や防災グッズの期限が切れていては意味はありません。定期的に点検しましょう。主に非常食や電池、医薬品などを備蓄しているかと思います。水の賞味期限は他のもに比べて短いですから、期限ぎりぎりに買い替えるのではなく、賞味期限を1年切ったら変えましょう。非常食は3~5年、電池は10年と長いものもありますが使用期間は確認しておきましょう。薬も使用期間が決まっています。薬の種類によって変えわりますし、古くなったらすぐ買い替えましょう。

広告募集中